カテゴリ:自然( 38 )

2012年 12月 31日
毎年恒例の年末スキー(サホロ)
今年の寒波は強力で、いたると事のスキー場は、予定通り、いや早めにオープンできたらしい
でもそこで暮らしていらっしゃる方々には、この大雪は、迷惑な状況なのでしょうね

でも冬の観光収入を確保するためには、安定的な積雪も重要なのではなかなぁっと思います。
そんな考えがあってか、なくては、私は、いつもの通り年末は北海道へと飛んでいきます!
さすがに北海道のメジャーなスキー場は、一通り行っちゃいましたね
ニセコ・ルスツ・キロロ・富良野・トマム・・・キロロ意外は、2回以上みな行っちゃったぁ
なので、今年は、ちょっと小さめなサホロへと

ピーカン!
d0198522_9193751.jpg

北海道は、いつも通いなれているアルプスとは違い、なだらなか隆起の風景が続きます。

ひっそりと見とれる風景
d0198522_9255539.jpg

ただの観光写真にならないように、モノ仕上げ&軟調に・・・

あまりの寒さに、枝にも雪が
d0198522_9293083.jpg

北海道は、パウダースノーと言われますが、確かに雪は軽く、サラサラしています。
おかげで、体力の落ちた私も、前の様に、うまくなった気がして、楽しく滑れます~
なので、あまり枝に雪が付くことも少ないように感じますが、そりゃ寒ければ付いちゃいますね
長野辺りの樹氷の様にはなりませんけど

今年もお疲れ様でした
d0198522_9331996.jpg

なんだかんだで、また1年が過ぎようとしています。
こんな風景でも見ながら、疲れを癒して、また新たな年を迎えてください!

では、みなさん、良いお年を!
[PR]

by akimina3 | 2012-12-31 09:39 | 自然
2012年 07月 19日
SIGMA DP2 Merrillと山へ(後編)
さあ、八方池を後にして、登山道を登り始めます。
しばらくは、途中にある「丸山」っていうところを、登ります。
緑の間から見える下界と、青い空、雲を見ながら進みます。

耐え抜くみどり
d0198522_16421812.jpg

ここは北アルプス、それは風も凄いことになるのでしょうね。
そこに耐え、成長するには、その逞しさが滲み出してきますね~。
ここでは、雲の立体感を、うまく描写できているか?木々の緑は、細かく描かれているか?
の確認です。
元データでは、細かく描けているのですが、Jpegに変換するとなんか??って感じ。
これは、要研究です。

忍び寄る冷気
d0198522_16464563.jpg

まだ夏山に完全に移行出来ていないため、道も「冬道」と「夏道」へ交互になっています。
(冬道は、残雪の上のルート、夏道は、土ベースのルートです)
雪渓からわき立つガスの感じや、光がさした緑の描写もちゃんと表現されている。
細かな枝の細部もきれいに写し取っている。(ブログ画質の為、今一ですが、自宅PCでは!!って感じ)

解き放たれた空間
d0198522_16522720.jpg

さすがに通常ではあまり見ない光景ですよね~。
まるで緑の丘の向こうは、別世界って感じで(ちと大袈裟ですかね)
雲が、こんな立体的に感じるもの、ちょっと視点の違う山からだからなのでしょうか?

恥ずかしがり屋さん
d0198522_16565212.jpg

ちょっと順番間違えたかな?
わき立つガスで山全体を見ることはできませんでしたが、途中に見える山肌、迫力を感じます。
岩の質感や、緑の綿密な描写は、しっかり感じとれますね。
当然コンデジですから、三脚も使っていないし。

自然のライン
d0198522_1704157.jpg

雲の間から漏れる光が、山肌の緑を、優しく照らす。
緑の立体感や、残雪の雰囲気もちゃんと感じさせてくれますね。

ガスに見える登山ルート
d0198522_1742474.jpg

え?確かここ唐松岳は、初心者ルートなんだけど・・・おいおい
ルートは、急に厳しくなり、さすが北アルプスの険しい感じのルートが現れます。
しかもこれが、ガスで先がすぐに見えなくなっちゃう!
ところで、画面中央上に、人影って気づかれましたか??
そうここをさらに進んで行くんです。
(これも元データでは、もっとシャキッと写っているのですが、どうもうまく処理できません)

ここら辺までは、楽だったのに
d0198522_17104459.jpg

ちょっと振り返ると、今までのルートが確認できます。
そこも、下からのガスで、一瞬にして見えなくなったりしてますけど。
木々の間に見える登山道、人が一人しか通れる隙間がありません。
こういう時は、行きかう人の、譲り合いと優しさが必要ですね
だから山では、行きかく人、すれ違う人との挨拶が、欠かせませんね。

もうどうなっているんだか、わかりません
d0198522_17161075.jpg

これは、2枚前の人影が見えたあたりから、横を見下ろした1枚。
もうどうなっているんやらわからない状況ですね。
いわゆる崖ですわ。登山ルートは、岩の隙間を抜けたり、岩に打ち込まれたザイルをしっかり掴みながら、
左右の切り立った崖に落ちないように慎重に進みます。
これが左右も前後も、ガスでみえないんだから、そりゃ久々に山に来た私も不安モード全開です。

やっと見えた「唐松岳頂上山荘」
d0198522_17221448.jpg

前の写真から、鎖場(岩の壁面にザイルあるいは鎖が打ち込まれていて、捕まりながら通るルート)や、
梯子を数か所通って、やっとたどり着いた山荘。
本当は、もう少しゆっくり登り始めて、ここで泊ってみたかったんだけど、今回は、連休も取れそうもなかったし、天気も微妙だったので、見るだけ~。
今回の目的の「唐松岳」の山頂は、この光景を見て、右手方向にもう少し登って行きます。
しかしこの日は、もうガスばかりで、本来なら見える絶景の山並みや山頂からのパノラマも一切見れず!
しばし山頂(標高2696m)で、背負ってきた、コンビニおにぎりを、しばし食べて、少しの休憩。
ここへ到着したのが11時半位でしょうか?登り始めて3時間半程度の行程でした。

ゆっくり下山
d0198522_17344714.jpg

まあそんなこんだで、自分の体力のなくなってきたのを、つくづく実感したひと時でした。
下山途中で、なんか立ち止まる人たち・・??って思って聞いてみると「ほらあそこ雷鳥の親子!」
その指差す方向には、雪渓のガスの中に親鳥と動き回る子供たちを確認。そりゃかわいいもんです。
登山の約束事「雷鳥は、温かく見守って、決して脅かしてはいけません」
でも今日の装備のDP2 Merrillの40mm相当のレンズでは、撮れる距離ではありませんね。

下山途中は、小雨に降られながらとなりましたが、雨具を着るほどでもなく、程よい涼しさとなりましたが、
脚がぁ・・あまり時間がないので、頑張ってきたけど、体を鍛えなきゃ!
っと、また車を4時間半ほど走って、無事帰ってきました。

今回のテストでは、SIGMA DP2 Merrillの描写性能の高さを、つくづく感じさせられましたね。
それは確かに、ここまでの細かく切り取る必要のないスナップや、動きの速い被写体を狙うなら、
この選択は不要ですが、風景などでは、状況にもよりますが、かなりの性能ですよ!
(しかしバッテリーの持ちには要注意です。今回、フル充電じゃなかったけど、最後の方は、バッテリーが切れて2個目を使用)と、ちょっとしたレポートでした。
[PR]

by akimina3 | 2012-07-19 22:14 | 自然
2012年 07月 18日
SIGMA DP2 Merrillと山へ
おっと久々の更新となりますデス。
なかなかお休み・お天気のうまい状況に巡り合えなくって遠征もじぇんじぇん行けてない!
と、引きこもり?になっていた私に、新兵器を手にしちゃったので、そりゃ試写しなきゃですよね。

山にひさびさに行きたい!でもいつものNikon D3とレンズ群を背負って登る準備はできてないし、
そこで、DP1が故障した後任だったFuji X10君だったのですが結局画質に納得できずバイバイ!
やっぱりコンパクトはフォビオンセンサーのパワーが必要だと思っていたので、思い切って今回は
SIGMA DP2 Merrillへ新調して、無理な強行予定にてっていつもの通り。
このカメラの試写もそろそろ出始めていますが、ちょっと撮りが多いので、一応「風景」ってジャンルで。

いつもの白馬八方尾根の風景
d0198522_11304115.jpg

今回の目的は「唐松岳」ここへのアクセスは、下からだとゴンドラ→リフト→リフトって感じ。
私は、途中の黒菱まで車で行って、そこからリフト→リフトって感じで登る感じです。

ニッコウキスゲのお出迎え
d0198522_11352832.jpg

リフト乗換の移動場所には、このようにニッコウキスゲが、ちらほら咲いております。
ここでは、AFからMFへ切り替えて、使い方のお勉強?
だって時間がなくって取説なんて読んでないですから(皆さんそんな感じでしょう?)

高原のような光景
d0198522_11412359.jpg

ちょっと目から気持ちよくなっていただけるような感じで。
うう、もっとすごい切れ味なんだけど、ブログへのUPだとこれ位が限度なのでしょうか?
しかしこの絵が、このちっぽけなコンデジから出てくるんだから、驚きです。
ちなみに現像工程は、RAW→SIGIMA photo Pro5→SILKYPIX DSP5の順で加工。

木道の傍らから
d0198522_1145582.jpg

最初の工程は、よく整備された木道をしばし登ります。なんか登るってイメージじゃないですけど。
途中にちらほら咲くニッコウキスゲと山並みの組み合わせ。定番ですが、ここでもMFへ切り替えて
キレ味チェック! まあ私の適当なMF合わせなでも、これ位は軽い感じ。

残雪で涼みながら
d0198522_11493840.jpg

まだ完全な夏山シーズンにはなっていなかったので、木道横には、こんな感じで残雪が。
ここからの冷気が心地よい。ここでは、冷気の靄がちゃんと写るか確認です。
実ファイルでは、しっかり描写もできていて、OKですね。

山ガールならぬ・・・
d0198522_11521968.jpg

状況報告ショットですね。
ちゃんと整備された木道はこんな感じ。途中比較的整備された石畳状態もありますが、
まだまだのんびりムードです。

残雪の消えたあとは
d0198522_11545692.jpg

こんな感じで、まだこんな感じでしっとり湿っていますね。
いやあ、雲の間から見える青空。久々に青い空ってのを見た気がします。

山と一輪
d0198522_11573320.jpg

これだけ遠くに一輪だけ咲いているとなると、完全にAFじゃお手上げです。
フォーカスエリアでやってもダメ。やはりMFで、じっくり合わせながらの1枚。
一応絞りはF9ですけどね。
しかしこの描写に勝てるデジ一って、どれ位あるんだか・・・ね。

解氷を待つ八方池
d0198522_1234993.jpg

朝3時起きで、一生懸命車を飛ばしてきましたが(無理な速度じゃないですよ)黒菱到着が7時後半。
ここ八方池に着いたのが9時位。もっと早く着かないと、池に写る山並みは撮れないですよね~

八方池の定番
d0198522_1292055.jpg

写りこみが撮れないなら、定番の位置で撮るしかないですね。
ここ八方池までが、普通の恰好で登っていいところです。
ここから先の、唐松岳までのルートは、登山装備じゃないといってはいけないルートとなります。
一応今回の私の装備は、リュックに防寒着・レインウェアー・お昼ご飯・軽アイゼン・ストックの装備で
来ていますので、ここから先にGO!

ってことで、今回は、ここまで。
次回は、ここ八方池から唐松岳まで行って、帰ってくるルートってことで。
しかしよく映るカメラやこと。
[PR]

by akimina3 | 2012-07-18 12:17 | 自然
2012年 05月 31日
平塚 馬入 みどり公園のポピー
先日休みに、朝刊をぼーっと眺めていたら、平塚でポピーが満開だと・・・さ
そんなことだったので、ちょっと見てきましたぁ~

なぜか気になる配置
d0198522_23234127.jpg

別に美しく決まった構図でもなんでもないのですが、なぜか気になる1枚だったりして


ちょっとノスタルジーに
d0198522_23235911.jpg

平日のお昼頃ということもあり、来ていらっしゃる方々は、私より先輩の方々ばかり・・・。
という訳で、こう仕上げるしかなかったって言うのが、正直なところ。

まあちょっと撮っただけだったので・・
が、その後私を襲った悲劇!なんとPCが起動しない・・・ぞ
しかもデータもみんな駄目になってしまいました。
とりあえず、PCは何とか復活させましたが、ソフト&データがぁ・・・・ない。
この現像ソフトも、試用版だし。
あーあ、って感じです。
[PR]

by akimina3 | 2012-05-31 23:32 | 自然
2012年 03月 14日
少し遅く春はやってきた 松田山ハーブガーデン
すんごい久々の更新ですけど・・・ね。
今年は、雪が多くって、春がやってくるのを躊躇していたみたいですが、
やっと、やってきたのかな?

鮮やかに・華やかに
d0198522_1319146.jpg

今年は、本家の河津桜も開花が遅れて、お祭り開催期間も延長されたりして、大変みたい。
河津の桜祭りは、3月11日で終わってしまったみたいですが、ここ松田山ハーブガーデンでは、
これから、満開を迎えようとしております。

d0198522_13221466.jpg

本日3月14日では、入口に「五分咲き」との案内がされておりました。


d0198522_13231069.jpg

1枚目は、300mm、こっちは180mmのレンズにて撮影しております。
どちらが、お好みでしょうか?ね。

d0198522_1324296.jpg

久々の撮影なので、華やかに!って演出を心掛けておりますが・・・

d0198522_13253956.jpg

まだ開花が5分じゃ、撮影場所も限られてきますね。

d0198522_13261877.jpg

これは、4枚目が300mm、こっちは180mmでの撮影です。
私としては、神レンズとの声が高かった300mmよりも更に古い180mmの切れが大好き!

最近は、休みに行かなきゃならない場所が2か所となり、撮影って状況じゃないもので。
またそのうち、撮影に遠征したいものです。
[PR]

by akimina3 | 2012-03-14 13:29 | 自然
2012年 01月 01日
2012年 今年もがんばろー
d0198522_1553271.jpg

今年こそ、スカッと澄みきった気持ちで、新たな一年を過ごしたいなぁ・・って希望しながら
新年を迎えました。
d0198522_1512051.jpg

みなさんにとっても良い一年となりますように、祈っております。
[PR]

by akimina3 | 2012-01-01 01:40 | 自然
2011年 08月 18日
夏の美しさとの出会い
ちょいと出かけた、お休み旅行
いつも冬にするーしている長野方面へ、かみさんとの旅行での出会いです
ちょっと気になっておりました場所は、本来のコンビのそばの花にはまだ早くって・・・・。
でもそこは、心の目をじっと開いてイメージを

ただそこに佇みてⅠ
d0198522_23382983.jpg


ただそこに佇みてⅡ
d0198522_2363431.jpg


ただそこに佇みてⅢ
d0198522_23414130.jpg



ただそこに佇みてⅣ
d0198522_2340866.jpg



予想していなかった情景に、ただ心奪われてシャッターを切る、そんな時間が流れていただけ。
同じ所のショットだけ、ご勘弁ください。

いや、夏らしいのはこうかな?
d0198522_23451747.jpg


いや、きっとこういう感じか?
d0198522_2333177.jpg


もしや、こんな感じだったかも??
d0198522_23461170.jpg

なんてやっていましたらお休みは、一瞬に終わってしまったぁ。
[PR]

by akimina3 | 2011-08-18 23:10 | 自然
2011年 06月 20日
紫陽花咲き誇る、小田原城址
開成町のあじさい祭りを、ささっと切り上げ、少し南下すれば、そこは小田原!(そうでもないか)
日曜なので大勢の人混みを予想していたのですが、時間の関係か、人はまばらでしたので、
再び、紫陽花三昧

一面に
d0198522_013225.jpg

沢山のアジサイが咲き誇る様は、結構見てきましたが、あまり期待していなかったのに、これがまた
見事に咲き誇っていて

花に囲まれた、二人の時間
d0198522_014551.jpg

最近人を写真に入れるのが、ちょい気になっていて避けていたのですが、少しピンを外して
雰囲気での描写ならと

額紫陽花も負けじと
d0198522_0172742.jpg

額紫陽花のこんな見事な咲っぷり、新鮮に感じました。

定番ですが
d0198522_01948100.jpg

意外に、この白い紫陽花と他の色の紫陽花との露出のバランスが、難しい。

木漏れ日でも主張する
d0198522_021206.jpg

バランス良くならんでね。


どう?上手く撮れた?
d0198522_0233942.jpg

このお二人、すいません絵になっていたので、再び登場していただきました。

ただ一面に咲き乱れる紫陽花の写真を見ていただき、ありがとうございます。
[PR]

by akimina3 | 2011-06-20 00:25 | 自然
2011年 06月 19日
梅雨に映える、紫陽花
今週は、会社の行事?の関係で、休みがずれてしまいまして・・・・
意外な日に、急な予定変更でしたぁ

この時期ですから、そりゃ紫陽花、撮らなきゃ如何でしょ?

水田に似合うお姿
d0198522_1781020.jpg

たまには、神奈川でも山側のエリアへ出かけてきました。
ちょっと離れているのですが「開成町」って所で、行われている「あじさい祭り」
ここは、水田の畦道に紫陽花が植えられている「あじさいの里」なるものがありまして・・・
って、ただそれだけなのですが、ちょっと気になっていたので、折角なので行ってみました。


写りこみのストライプ
d0198522_1712782.jpg

紫陽花の写りこみが、見れる機会なんてそうそうありませんから


山も霞んでしっとりと
d0198522_17212034.jpg

水田に山並みが写りこんでいたのですが、この時は霧っぽく霞んでしまってまぁ


うるうる
d0198522_1724034.jpg

雨上がりでしたので、紫陽花をじーっと観察して、うるうるをおさえています。
水滴のバックを、ブラックにしてクリアに表現するか?

うるうるⅡ
d0198522_1725333.jpg

それとも、自然の色彩を生かしてまとめるか、それはあくまでイメージの世界
色合いとボケの組み合わせだけを、自分の思いと結び付け・・・・て

目が悪くなった割には、ピンの精度は高かったぁ!
風もないし、人はいないし、集中出来たからかな?この日もバックの中を良く見たら
レンズ6本入ってる内、MF5本、AF1本でした。じっくり考えるタイプの私、MFの方が性に合ってる?
(ちなみにUPした中には、AFで撮ったものはありまへん)
[PR]

by akimina3 | 2011-06-19 17:30 | 自然
2011年 06月 14日
梅雨らしく
梅雨まっただ中ですけど、どうもらしくない空模様って雰囲気が続きますね。
アジサイでも撮りに出かけようかな?って思ったのですが、どうもちょっと早い感じ。
なので、ちょいと去年撮ったデータをゴソゴソ・・・。


舞台は良いようなので、一曲歌いましょう?
d0198522_1983397.jpg

なんてね??




しっとり濡れるも良し
d0198522_19145782.jpg

やはり黄色は、強敵ですね。


データでは、ちょうど1年ほど前に撮っていたものなので、少し画質が劣化してますが(?)
まあスルーしてください。
[PR]

by akimina3 | 2011-06-14 19:18 | 自然