2012年 07月 18日
SIGMA DP2 Merrillと山へ
おっと久々の更新となりますデス。
なかなかお休み・お天気のうまい状況に巡り合えなくって遠征もじぇんじぇん行けてない!
と、引きこもり?になっていた私に、新兵器を手にしちゃったので、そりゃ試写しなきゃですよね。

山にひさびさに行きたい!でもいつものNikon D3とレンズ群を背負って登る準備はできてないし、
そこで、DP1が故障した後任だったFuji X10君だったのですが結局画質に納得できずバイバイ!
やっぱりコンパクトはフォビオンセンサーのパワーが必要だと思っていたので、思い切って今回は
SIGMA DP2 Merrillへ新調して、無理な強行予定にてっていつもの通り。
このカメラの試写もそろそろ出始めていますが、ちょっと撮りが多いので、一応「風景」ってジャンルで。

いつもの白馬八方尾根の風景
d0198522_11304115.jpg

今回の目的は「唐松岳」ここへのアクセスは、下からだとゴンドラ→リフト→リフトって感じ。
私は、途中の黒菱まで車で行って、そこからリフト→リフトって感じで登る感じです。

ニッコウキスゲのお出迎え
d0198522_11352832.jpg

リフト乗換の移動場所には、このようにニッコウキスゲが、ちらほら咲いております。
ここでは、AFからMFへ切り替えて、使い方のお勉強?
だって時間がなくって取説なんて読んでないですから(皆さんそんな感じでしょう?)

高原のような光景
d0198522_11412359.jpg

ちょっと目から気持ちよくなっていただけるような感じで。
うう、もっとすごい切れ味なんだけど、ブログへのUPだとこれ位が限度なのでしょうか?
しかしこの絵が、このちっぽけなコンデジから出てくるんだから、驚きです。
ちなみに現像工程は、RAW→SIGIMA photo Pro5→SILKYPIX DSP5の順で加工。

木道の傍らから
d0198522_1145582.jpg

最初の工程は、よく整備された木道をしばし登ります。なんか登るってイメージじゃないですけど。
途中にちらほら咲くニッコウキスゲと山並みの組み合わせ。定番ですが、ここでもMFへ切り替えて
キレ味チェック! まあ私の適当なMF合わせなでも、これ位は軽い感じ。

残雪で涼みながら
d0198522_11493840.jpg

まだ完全な夏山シーズンにはなっていなかったので、木道横には、こんな感じで残雪が。
ここからの冷気が心地よい。ここでは、冷気の靄がちゃんと写るか確認です。
実ファイルでは、しっかり描写もできていて、OKですね。

山ガールならぬ・・・
d0198522_11521968.jpg

状況報告ショットですね。
ちゃんと整備された木道はこんな感じ。途中比較的整備された石畳状態もありますが、
まだまだのんびりムードです。

残雪の消えたあとは
d0198522_11545692.jpg

こんな感じで、まだこんな感じでしっとり湿っていますね。
いやあ、雲の間から見える青空。久々に青い空ってのを見た気がします。

山と一輪
d0198522_11573320.jpg

これだけ遠くに一輪だけ咲いているとなると、完全にAFじゃお手上げです。
フォーカスエリアでやってもダメ。やはりMFで、じっくり合わせながらの1枚。
一応絞りはF9ですけどね。
しかしこの描写に勝てるデジ一って、どれ位あるんだか・・・ね。

解氷を待つ八方池
d0198522_1234993.jpg

朝3時起きで、一生懸命車を飛ばしてきましたが(無理な速度じゃないですよ)黒菱到着が7時後半。
ここ八方池に着いたのが9時位。もっと早く着かないと、池に写る山並みは撮れないですよね~

八方池の定番
d0198522_1292055.jpg

写りこみが撮れないなら、定番の位置で撮るしかないですね。
ここ八方池までが、普通の恰好で登っていいところです。
ここから先の、唐松岳までのルートは、登山装備じゃないといってはいけないルートとなります。
一応今回の私の装備は、リュックに防寒着・レインウェアー・お昼ご飯・軽アイゼン・ストックの装備で
来ていますので、ここから先にGO!

ってことで、今回は、ここまで。
次回は、ここ八方池から唐松岳まで行って、帰ってくるルートってことで。
しかしよく映るカメラやこと。
[PR]

by akimina3 | 2012-07-18 12:17 | 自然


<< SIGMA DP2 Merri...      平塚 馬入 みどり公園のポピー >>